2019年2月26日ぽけっと計算表

このページはiosアプリ”ぽけっと計算表”のサポートページです。

アプリ概要

 計算式を保存できる計算シートアプリです。保存した名前付き変数を参照し、関数を組み合わせて算出した計算結果を、自然な数式で表示します。

スクリーンショット

機能の制約事項

  • 登録できる数式の最大数は8個までです。
  • 変数の式には別の変数を含めることができますが、1回の演算(数値入力完了)で演算されるのは2回までです。階層的に値を参照している場合、値の更新が終わらないため、演算が完了するまで数値入力の完了操作を行う必要があります。同様の理由で、循環参照した場合でもアプリが落ちることはありません。
  • 自然な数式を表示するためには、変数名に日本語が含まれていないことが条件です。日本語を含む変数名を使用している場合は入力したそのままの数式のみが表示されます。
  • 自然な数式表示には限界があります。たとえば2^2^2等は、2^2^2となり、期待通りの表示となりません。(\LaTeX表記になります)
  • 変数名に記号は使えません。

使用可能な関数

・sqrt()
 例)sqrt(2):\sqrt{2}を返します。

・log()
 例)log(2):\log_{10}2を返します。

・ln()
 例)ln(2):\log_e2を返します。

・exp()
 例)exp(2):e^2を返します。

・sin()
 例)sin(2):引数の単位は°です(radではない)。sin2°なので0.034899…を返します。

・cos()
 例)cos(2):引数の単位は°です(radではない)。cos2°なので0.999390…を返します。

・tan()
 例)tan(2):引数の単位は°です(radではない)。tan2°なので0.034920…を返します。

・dtor()
 例)dtor(2):°をradに変換します。2°を0.0349065…radに変換します。

・rtod()
 例)rtod(2):radを°に変換します。2radを114.59155…°に変換します。

・asin()
 例)asin(2):引数の単位は°です(radではない)。sin^{-1}2^\circを返します。

・acos()
 例)acos(2):引数の単位は°です(radではない)。cos^{-1}2^\circを返します。

・atan()
 例)atan(2):引数の単位は°です(radではない)。tan^{-1}2^\circを返します。

・random(,)
 例:random(1,2):第一引数が乱数の下限値、第二引数が上限値を意味します。1〜2の乱数を返します。

・pi()
 π(3.141592….)を返します。変数として使用します。

・e()
 ネイピア数e(2.7182818….)を返します。変数として使用します。

問い合わせフォーム

プライバシーポリシー

 このアプリではアプリ作成者が意図的に収集しているデータはありません。ただし広告にAdMobとFirebaseを使用しています。それぞれのプライバシーポリシーは以下の通りです。

2019年2月26日ぽけっと計算表

This page is the support page of the ios application “CalcSheet”.

Application overview

It is a calculation sheet application that can save calculation formulas. By referring to the saved named variable, it display the calculation result calculated by combining functions as a natural mathematical expression.

Screenshot

Restrictions on application function

  • The maximum number of formulas that can be registered is 8.
  • You can include another variable in the variable expression, but it is calculated up to twice with one calculation (completion of numerical value input). When values are hierarchically referenced, updating of values is not completed, so it is necessary to perform a numeric input completion operation until computation is completed. For the same reason, the application will not crash even if use circular reference.
  • In order to display natural formulas, it is a condition that variable names do not contain double-byte characters. If you are using a variable name containing double-byte characters, only the formulas you entered are displayed.Natural expression display has limitations. For example, 2^2^2 will be 2^2^2 and will not be displayed as expected.(It becomes the expression of \LaTeX)
  • You can not use symbols in variable names.

Available functions

・sqrt()
 ex)sqrt(2):return \sqrt{2}

・log()
 ex)log(2):return \log_{10}2

・ln()
 ex)ln(2):return \log_e2

・exp()
 ex)exp(2):return e^2

・sin()
 ex)sin(2):The unit of the argument is degrees (not radians). Because it is sin2°, it returns 0.034899…

・cos()
 例)cos(2):The unit of the argument is degrees (not radians). Because cos2°, it returns 0.999390…

・tan()
 例)tan(2):The unit of the argument is degrees (not radians). Because it is tan2°, it returns 0.034920…

・dtor()
 例)dtor(2):Convert degrees to radians. Convert 2° to 0.0349065…radians.

・rtod()
 例)rtod(2):Convert radians to degrees. Convert 2radians to 114.59155…°

・asin()
 例)asin(2):The unit of the argument is degrees (not radians). Returns sin^{-1}2^\circ

・acos()
 例)acos(2):The unit of the argument is degrees (not radians). Returns cos^{-1}2^\circ

・atan()
 例)atan(2):The unit of the argument is degrees (not radians). Returns tan^{-1}2^\circ

・random(,)
 例:random(1,2):The first argument is the lower limit value of the random number, and the second argument is the upper limit value. Returns a random number between 1 and 2.

・pi()
 Return π(3.141592…). It is used as a variable.

・e()
 Returns the Napier number e(2.7182818…). It is used as a variable.

Contact form

privacy policy

In this application, there is no data intentionally collected by the application creator. However, AdMob and Firebase are used for ad. Each privacy policy is as follows.